スポンサードリンク

出産祝いにもマナーがありますよ

ご家族・ご親族の出産、ご友人・知人の出産など、

出産祝いのプレゼントを贈る時には、

喜ばれるプレゼントを贈りたいものですね。


喜んでもらおうと一生懸命プレゼントを選んだり、

お祝い会を開いても、「マナー」を知らなかったために

せっかくのお祝いが台無しになってしまうことがあります。


”出産おめでとう”、出産お疲れ様”、がんばったママに

早く想いを伝えたい気持ちもわかりますが、

出産を終えたばかりのママには、

まずは休養をとってもらうという想いやりが大切です。




出産祝いの「マナー」としては、

次のことを気をつけておくと良いですね。


出産祝いはママと赤ちゃんが落ち着いてからにしましょう。

・メールや電話、FAXなどで、まずはお祝いの言葉を贈りましょう。

・自分や同行者が風邪など、体調不良の時に伺うのは控えましょう。

・産後の状態など、ママの体調を確認してから訪問しましょう。

出産祝いに伺ったときの滞在時間は短かめにしましょう。

・1年以上経ってしまったら、「お誕生祝い」にしましょう。



出産祝いマナーに少し気を留めておけば、

思わぬ失敗を防ぐことができますね。






出産祝いを贈るタイミングはいつごろ?

出産祝いに避けたいプレゼントもありますよ








出産祝いに喜ばれるプレゼントを探したい のトップへ
posted by える@出産祝い at 17:30 | 出産祝いのマナー