スポンサードリンク

出産一時金(出産育児一時金)がもらえる条件

出産育児一時金は、

出産費用の家計への大きな負担を助けてくれますが、

出産育児一時金を受け取るためには、

出産育児一時金がもらえる条件があります。


仕事をしているママも、専業主婦をしているママも

両方とも出産育児一時金をもらうことができますが、

仕事をしているママは自分で健康保険に加入しているか、

国民健康保険に加入している場合がもらえる対象になります。


専業主婦のママは、

パパの健康保険の被扶養配偶者になっている場合や、

例えば、自分の親の健康保険の被扶養者になっている場合でも

出産一時金がもらえる対象になります。


出産育児一時金の受給の条件は、

健康保険の被扶養者または被保険者であること、

かつ妊娠4ヶ月以上で出産した場合が対象となります。



出産一時金の申請先は、健康保険の加入先になりますが、

会社勤め、団体勤めの場合は、

職場の総務担当に聞いてみるのが分かりやすいと思います。


出産一時金の申請期限は、出産した翌日から2年間です。

申請に必要な「出産育児一時金請求書」、「印鑑」、「振込先口座」、

「出生を証明するもの(母子手帳など)を準備しておきましょう。






出産一時金(出産育児一時金)とは

出産祝いにもマナーがありますよ








出産祝いに喜ばれるプレゼントを探したい のトップへ
posted by える@出産祝い at 22:49 | 出産一時金について

出産一時金(出産育児一時金)とは

出産は大変な一大イベントですが、

出産費用についても大きな負担がかかります。


出産は病気で病院にかかる場合と違って、

病気ではないので健康保険は使えず、

出産費用は全額自己負担になるからです。


そんな出産費用を助けてもらえる制度が出産育児一時金です。



出産育児一時金は健康保険に加入しているか、

または被扶養者(パパに扶養されている)になっていて、

かつ妊娠4ヶ月以上で出産した人は受け取ることができます。


出産一時金としてもらえる金額は、

赤ちゃん1人につき42万円です。(2009年10月から金額アップ)

双子の場合は2倍の84万円ということになります。

かなり家計の負担が助かりますよね。



加入している健康保険によってか、または国民健康保険でも

住んでいる自治体(市役所や町役場など)によっては、

補助が追加されて42万円+αが給付される場合もありますので

事前に確認しておきたいところです。






出産一時金(出産育児一時金)がもらえる条件

出産祝いの金額相場はおいくらですか?








出産祝いに喜ばれるプレゼントを探したい のトップへ
posted by える@出産祝い at 10:18 | 出産一時金について